引越し価格

早めに見積もりの依頼する

早めに引越しの見積もり依頼をすると、自分の都合の良い日時で引越しができるばかりか引越しの価格も安くなる場合があります。

引越しをすることがすることが決まったら、1日でも早く引越しの見積もりを取りましょう!

繁忙期を避ける

1年のうちで最も引越しの価格が高いのは、3月〜4月です。

この時期は進学、就職、転勤などの時期になりますので、あらかじめ引越し価格は高く設定されています。

そして、引越し価格が高いだけでなく圧倒的な売り手市場になりますので、引越しをしてくれる業者が見つからない可能性もあります。

やむをえない場合を除いて、この時期の引越しを避けましょう。

土日祝日を避ける

やはり土日祝日は休みの人が多いので値段が高いです。

有給をとれる場合などは、土日祝日の引越しを避けることで、引越しの価格を下げることができます。

吉日を避ける

縁起を担ぎたがる日本人としては、やはり大安などの吉日は値段が高いです。

逆に仏滅や赤口などを気にしないのであれば安く済ませることが可能です。

月末、月初を避ける

月末・月初は引越しをする人が比較的に多いので、そこを避けることで、引越し価格を抑えることができます。

午後便を利用する

午前便は
・スタートの時間がずれないことと、
・昼間のうちに引越しが可能
・平日であれば新居のご近所さんが仕事に行っている間に引越しができる。
・長距離の引越しの場合、午前からはじめないと終わらない。

などの理由から、人気があるので価格は高くなります。

そこで午後便を利用することで、引越し価格抑えることができます。
そのかわり、引越しのスタート時間が『14〜16時から始めます』みたいに結構あいまいになってしまいます。

時間を指定しないフリー便というのもあります。

引越しの時間を気にしないのであれば、業者との価格交渉の際に一番安い時間を聞いてみましょう。

荷物を減らす

新居に運ぶ荷物を減らすことで引越し価格を抑えることができます。

荷物が多ければ、それに伴いトラックが大きくなり・作業人員も増え引越しの価格が上がってしまいます。

大型の家電や家具を買い替える予定がある場合は引越し先で買うようにしましょう。

現在使っている大型家電が古い場合は、思い切って買い替えてしまうのも手です。

新しい家電は昔のものより、電気代も安くなっているので、引越し価格も抑えられ、電気代も安くなるので買い替えた方がお得になる場合もあります。

安いプランを利用する

荷造り・荷解きを業者がやってくれるプランもありますが、荷造り・荷解きを自分でやることで、当然価格を安くすることが可能です。

ダンボールやガムテープなどの備品は引越しの価格に含まれています。ダンボールやガムテープを自分で準備することで価格を下げてくれる業者もありますので、見積もりの際に交渉して引越しの価格を安く抑えることができます。

一括見積もりを行う

一度やってみてもらえばわかることなのですが

普通に見積もりを取った場合と、一括見積もりを行なった場合とでは、 一括見積もりを行なった場合の方が、引越しの価格を安くすることができます。

これは、一括見積もりサービスを提供している企業が「引越し業者の超お得意様(お客様紹介者)」の立場にあるので、一括見積もりサービスを提供している企業を通してもらった手前、引越し業者も高い値段をつけられません。
そういった事情から、一括見積もりをあえて行なった方が、安くなるのでしょう。

もしくは、一括見積もりをしていることを引越し業者も理解しているので、自分のところを使ってもらおうと、競争意識が働き、安くしてくるのだと考えられます。

そしてさらに、一括見積もりで引越し価格を把握した後に地元の引越し業者に見積もりを取ってみましょう。思いがけない値段になるかもしれません。

ご迷惑でなければ、共有・拡散をお願いいたします。