見積もり書はきちんと確認する

見積もり書・約款はきちんと確認しましょう

見積もり書、又は契約書の裏面には引越約款が記載されているので必ず確認しましょう。

下記に確認事項を下記に書きましたので、参考にしてください。
特に荷物の破損や紛失、キャンセルなどについての重要な項目だけでも確認しましょう。

・業者名
引越業者の所在地、電話番号、見積もり担当者の氏名などを確認しておきましょう

・日程
引越し日と時間を確認しましょう。

・住所
現住所と新住所があっているか確認しましょう。

・運賃
使用するトラックの大きさ、台数、運賃が記入されますので確認しましょう。

・実費
引越作業員の人数と料金、高速道路代、フェリー代などが記入されますので確認しましょう。

・荷物リスト
家具と呼べるものはすべて記入してもらってください。自家用車では運べないものは、積み残しがあると大変なので必ず確認しましょう。

・作業内容
梱包、解梱包作業などを業者がするのか利用者がするのかなどの作業範囲を、荷物ごとに記入してもらってください。
これらの項目がしっかり記入されていないとトラブルを招くことにもなりかねないので確認しましょう。

・養生
マンションや新築への引越しの場合には住居を保護する目的で、必要になる場合があります。
特に新築への引越しの場合には 必ず作業前に養生してもらうようにし、確認しましょう。

・梱包資材
ダンボール・ガムテープなど、使用する数によって料金が変わってきます。
またハンガーBOXやお皿BOXなどのレンタル品についても無料のものと有料のものがあるので確認しておきましょう。

・付帯サービス
エアコンの脱着やピアノの運搬などは引越業者が行う場合と、引越し業者の提携業者に依頼するところもありますので確認しましょう。

・特記事項
マンションなどへの一斉入居や易損品、貴重品がある場合などは事前に引越業者に知らせておき特記事項に記入されますので、確認しましょう。

・貨物保険
保険会社名と補償限度額を確認しておくことはもちろん、実際に荷物の破損事故などがあった場合にどういった対応を してくれるのかの確認をしておきましょう。

・料金
支払い方法の確認と、引越し当日、追加料金の発生する可能性の有無をきちんと確認しておきましょう。

見積もり書はきちんと確認する関連ページ

手付金・予約金は払わなくてOK
手付金・予約金は払わなくても良い理由を説明
キャンセル料は前々日までは無料
引越しトラブル回避方法を紹介します。 キャンセル料は前々日までは無料になります。
引越しトラックのナンバーの色に注意!
引越しトラブル回避方法を紹介します。 引越しトラックのナンバーの色に注意!
家屋・家財の破損事故について
引越しトラブル回避方法を紹介します。 家屋・家財の破損事故の説明
ペット、ピアノなど特殊な荷物は引越し業者は拒否できる
引越しトラブル回避方法を紹介します。 ペット、ピアノなど特殊な荷物は引越し業者は拒否できることの説明
追加料金について
引越しトラブル回避方法を紹介します。 追加料金の説明