家屋・家財の破損事故について

家屋・家財の破損事故について

家屋や家財の破損事故があった場合どうしたらよいのでしょうか?

実は、引越し業者側が引越時の傷ではないと証明できなければ
荷物の滅失、毀損は引越し業者側に賠償責任があると
標準引越運送約款にその旨が書いてあります。
なので、そこを突いて家屋や家財の弁償の請求をしましょう。

しかし、注意点としては
標準引越運送約款を使用せずに、独自の約款を利用している業者もありますので
注意が必要です。

引越し業者を決める場合には
標準引越運送約款を使用している業者かの確認をするか
もしくは、独自の約款でも、損害賠償の責任はどちらにあるのか
約款を熟読して確認しておきましょう。

そして、契約書は申し出期間の3ヶ月は大切に保管しておきましょう。

家屋・家財の破損事故について関連ページ

手付金・予約金は払わなくてOK
手付金・予約金は払わなくても良い理由を説明
キャンセル料は前々日までは無料
引越しトラブル回避方法を紹介します。 キャンセル料は前々日までは無料になります。
引越しトラックのナンバーの色に注意!
引越しトラブル回避方法を紹介します。 引越しトラックのナンバーの色に注意!
見積もり書はきちんと確認する
引越しトラブル回避方法を紹介します。 見積もり書の説明
ペット、ピアノなど特殊な荷物は引越し業者は拒否できる
引越しトラブル回避方法を紹介します。 ペット、ピアノなど特殊な荷物は引越し業者は拒否できることの説明
追加料金について
引越しトラブル回避方法を紹介します。 追加料金の説明