引越し価格

引越し価格を決める基本要素

引越しの価格は以下の方法で算出されます。

基礎運賃価格 + 実費価格 + オプション価格 = 引越価格

となります。

基礎運賃・実費・オプションの説明を以下します。

《基礎運賃価格》とは?

基礎運賃価格とは、あらかじめ国土交通省で定められている
もしくは届出を必要とする引越約款に基づいて計算される運賃のことです。

そのため、法外な価格になるということはありません。

基礎運賃には時間制と距離制の二種類あります。
(タクシーの料金のようなイメージです)

時間制の場合4時間または8時間という基礎時間(業者が積地に到着してから、業者が帰庫するまでの時間)があり

軽貨物運送業者だと2時間または8時間という基礎時間があります。
1時間超過するごとに追加料金が発生する仕組みです。

4時間以内の場合は、4時間で計算され、以降、1時間を超えるごとに追加料金が発生するという形です。(8時間を越えた場合は、基礎運賃8時間+超過分)

距離制の場合には100Km、軽貨物運送業者の場合には30Kmという基礎距離があります。輸送距離が基礎距離を超過すると追加料金が加算されます。(基礎距離を超過しない場合は、100Km〔軽貨物運送業者の場合には30Km〕で計算されます)

《実費》価格とは?

実費価格とは、引越作業員人数分の作業料、梱包資材料、有料道路等利用時の交通費のことです。

作業員数は引越しの規模に応じて決められます。
目安としては、1DK〜2DKで2〜3人、3DK〜4LDKで3〜5人くらいです。
(作業員数を減らしてもらえば、その分安くなります。)

梱包資材料は、ダンボール・ガムテープ・エアーキャップ(通称:プチプチ)などの消耗品のことです。

交通費は、有料道路通行料の片道分を請求することが慣例となっています。
(帰りは有料道路使わないで帰ってもらえるので)
ちなみに、フェリーを利用する場合には往復分を負担しなければなりません。
(フェリー使わないと帰れないので)

《オプション価格》とは?

オプション価格とは、エアコン・ガス台の取り付け・取り外し、ピアノ・自動車・バイクの輸送不用品処理、ハウスクリーニングなどがあります。
(ゴキブリが出ないような処理を行なうサービスもあります。ちなみにウチは奥様の強い要望によりおこないました。)

オプション価格に関しては引越し業者が自社で対応する場合は割安となりますが、引越し業者によって価格はマチマチです。
専門業者に委託する場合は高くつくこともありますので、数社に見積りをとり確認しておきましょう。
利用した場合とそうでない 場合を数社比較検討したうえで、個別に依頼したほうが安くなる場合もあります。

(注)手付け金

見積もりを取った時点で引越し業者から内金、手付金というものを請求されることがあるかも知れません。
キャンセルさせにくくする目的で、請求してくる業者もあるようなので 注意する必要があります。

引越業者が請求することは、引越約款で禁止されていますので、請求されても支払ってはいけませんし、請求してくるような業者とは契約しない方が懸命です。

ご迷惑でなければ、共有・拡散をお願いいたします。